メイン
   1 - バレーボール技術戦術掲示板
     Aクイック時にボールは見続けなければならないのか。
投稿するにはまず登録を

フラット表示 前のスレッド | 次のスレッド
投稿者 スレッド
司馬仲達 Re: Aクイック時にボールは見続けなければならないのか。  /  投稿日時: 2010-6-12 11:42
へりくつ道場師範
登録日: 2006-1-6
投稿: 500
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: 6年以上
性別: 男性
基本的にトスを上げるのはセッターであり、Aクイックなんてものはセッターが触れなければ何も出来ないんですから・・・セカンドタッチをするセッターの邪魔になるならまずはその時点で修正するべきでしょう。長々と寝かせておく話じゃありません。

というか、逆の立場で考えてみれば直ぐにわかりそうなもんですが、

>特にライト側からAクイックに入ろうとするときは、とても入りにくく、ボールが短くなったときはよくぶつかりそうになります。

セッターにしてみれば基本的に視界の中心はボールですから見えない所から突如として飛び込んでくるのは邪魔でしょうがないでしょうね。しかも、その選手がボールの行方を見ずに入ってくるわけですから鬱陶しい事この上無いと思います。

>ぶつかりそうになる理由は自分が最後までボールを見ていなくて途中でボールから目を切ってセッターを見ているせいです。
>ですので、低いカットでセッターが落下地点に入るのが遅れたときとかはセッターと離れたり近すぎたりします。

これも細かい修飾をなしに言ってしまえば、f-podさんが自分勝手にクイックに入っているからでしょうね。
スパイクってのは何をどうしようと最終的にはボールを叩くのですから、ボールから目を離すという行為は極々短時間に人の位置を確認する以外では殆どあり得ない事です。

>実際、速攻を打つ方はどうしているのでしょうか?
ボールはずっと見続けたまま速攻を打てるものなのでしょうか?

打てます。
というか、個人的にはボールを見ないでクイックに入る神経の方が信じられません。

http://www.youtube.com/watch?v=Gisr2QrsCis

↑のURLはyoutubeからの転載ですが、ファーストテンポとセカンドテンポのどの選手もボールから目を離して助走を開始する選手はだれ一人居ないのが分かると思います。
特に1:25のからの動きが一番分かりやすいと思いますが、このセンタープレーヤーはライト側から移動してAに入ってますが、

1、レセプションの返球位置予想
2、移動しながらセッターの位置の確認
3、空中のボールの移動位置の確認

という確認をそれぞれ約1秒づつ行っているのが分かると思います。
更に卒ない部分としてレセプションの返球位置によってセッターが合わせやすいようにボールの返球軌道に入ってセッターの視界に入るように助走のスタート位置を調整しています。

と、ここまで書けば先ほど“自分勝手”と僕が書いた理由がわかると思いますが、少なくともf-podさんの書かれた文面からはライト側から移動してAを打つ為に必要な要素の3つの全てをまるで意識していない事が分かると思います。

スパイクを打つ選手、特にクイックを打つ選手と言うのは、セッターにトスを合わせて上げてもらってナンボです。
そのセッターに如何にしてトスを上げ易い状況に持っていくか、沢山上げて貰える状況にするか、と言うのは現代の時間差を作って相手守備を崩すバレーボールにおいて必ず必要な要素です。
フラット表示 前のスレッド | 次のスレッド

題名 投稿者 日時
   Aクイック時にボールは見続けなければならないのか。 f-pod 2010-6-11 23:33
   » Re: Aクイック時にボールは見続けなければならないのか。 司馬仲達 2010-6-12 11:42
       Re: Aクイック時にボールは見続けなければならないのか。 f-pod 2010-6-13 19:48
     Re: Aクイック時にボールは見続けなければならないのか。 ちょおく 2010-6-13 22:49
       Re: Aクイック時にボールは見続けなければならないのか。 f-pod 2010-6-16 13:47
     Moncler Outlet 見学者 2012-10-30 16:58
     Coach Factory Outlet 見学者 2012-11-5 22:17

投稿するにはまず登録を
 
:: サイトメニュー
:: オススメ書籍

一見すると本書は、書店でよく見かける、大昔の常識をそのまま載せた入門書の仲間ようにも見えます。しかし、内容の誠実さは群を抜いて素晴らしいものがあります。

肩書きだけの入門書(元全日本など)とこの本とを同じようなものだと考えると、バレーボール人生において損をすることになるでしょう。

書店にも良く置いてありますのでぜひ一度手にとってご覧下さい。

『基本から戦術まで バレーボール』についての詳しい書評やコメントの投稿はこちら

:: アクセスカウンタ
今日 :269
昨日 :144
総計 :5163869
平均 :781
taquino.net