メイン
   1 - バレーボール技術戦術掲示板
     初心者に教えるスパイクフォーム
投稿するにはまず登録を

フラット表示 前のスレッド | 次のスレッド
投稿者 スレッド
オリビア OCN  /  投稿日時: 2009-3-10 11:28
へりくつ道場師範
登録日: 2006-1-5
投稿: 352
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
実は女優の相武紗季さんのファンで、自宅のパソコンの壁紙としております。彼女が最近テレビのCMで‘アタックNo1’のパロディで鮎原こずえを演じておりますが、スパイクフォームが「ウーム」というものです。ファンならではですが、インターネットでこのCMのメーキングの動画を見たことがありますが、指導の人からの動きを聞きながら、彼女は首を捻りながら、やっておりました。結局は「これじゃあ、打てないだろうな…」という映像のフォームになってしまった訳です。
(画像はttp://mainichi.jp/enta/mantan/graph/anime/20090227/から探してください)

さて、‘アタックNo1’と言えば、かの横山樹理さんが「私はあのマンガの鮎原こずえのフォームを真似して打った」と何かのインタビューで答えていたことがあります。横山さんは日本屈指のハードアタッカーでしたが、サーキュラースイングを極めた豪快なフォームでした。「まさか、マンガのフォームで打つわけがない」と思っていましたが、マンガを観る機会があったのですが、横山さんのスイングのはじめの部分はマンガの鮎原こずえとそっくりでした。

「スパイクフォームはこうである」と教え込んでも(相手は女優ですが)、へんてこなフォームにしかなりませんし、マンガの真似をして、オリンピックのメダリストが生れるわけですから、フォームを教えることは本当に難しいのではないかと思います。とにかく、「型にはめる」という考え方は捨てるべきで、人それぞれ持っている良い芽を大事に育てることしかないと思います。
フラット表示 前のスレッド | 次のスレッド

題名 投稿者 日時
   初心者に教えるスパイクフォーム kumi 2009-2-18 13:54
     え〜〜っと ナゾノヒデヨシ 2009-2-18 16:07
       Re: え〜〜っと kumi 2009-2-18 19:20
         Re: え〜〜っと とんと 2009-2-19 1:05
           年齢との関係 ナゾノヒデヨシ 2009-2-19 4:33
             Re: 年齢との関係 kumi 2009-2-19 18:09
               えええと ナゾノヒデヨシ 2009-2-20 12:01
                 Re: えええと kumi 2009-2-20 19:51
                   公式HPを見ました ナゾノヒデヨシ 2009-2-21 20:09
                     Re: 公式HPを見ました kumi 2009-2-23 20:15
                       タッチ pilot 2009-2-25 0:33
                         Re: タッチ kumi 2009-2-25 19:28
                           Re: タッチ pilot 2009-2-25 21:20
                             Re: タッチ kumi 2009-2-26 19:25
                               申し訳ないですけど・・・ ナゾノヒデヨシ 2009-2-26 22:12
                               Re: タッチ 司馬仲達 2009-2-26 22:27
                               Re: タッチ pilot 2009-2-27 15:58
                                 みなさんへ kumi 2009-2-28 8:14
           Re: え〜〜っと kumi 2009-2-19 13:17
             Re: え〜〜っと とんと 2009-2-19 21:32
               Re: え〜〜っと kumi 2009-2-20 18:32
   » OCN オリビア 2009-3-10 11:28
       Re: OCN kumi 2009-3-13 12:39

投稿するにはまず登録を
 
:: サイトメニュー
:: オススメ書籍

一見すると本書は、書店でよく見かける、大昔の常識をそのまま載せた入門書の仲間ようにも見えます。しかし、内容の誠実さは群を抜いて素晴らしいものがあります。

肩書きだけの入門書(元全日本など)とこの本とを同じようなものだと考えると、バレーボール人生において損をすることになるでしょう。

書店にも良く置いてありますのでぜひ一度手にとってご覧下さい。

『基本から戦術まで バレーボール』についての詳しい書評やコメントの投稿はこちら

:: アクセスカウンタ
今日 :83
昨日 :114
総計 :4942668
平均 :841
taquino.net